News Release

インドIT人材派遣会社「AKAL」出資について

2020年10月27日

西川コミュニケーションズ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:西川栄一)は、インドのIT人材の派遣会社であるAKAL Information Systems Ltd.,(本社:インドニューデリー、マネージングダイレクター:SARABJIT SINGH、以下:AKAL)に出資いたしました。


【出資の目的】
新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、各企業はデジタルによる事業構造の変革を早急に推進していくことが求められております。 一方で日本国内のIT人材は慢性的な人手不足に陥っており、今後も人口減少が見込まれる中で、ますますIT人材の確保は難しくなります。 こうした背景の中、外国人の高度IT人材やオフショア拠点を活用したシステム開発への需要は今後高まっていくと考えられます。

AKALは、2000年に設立され、インド中央政府ならびにインド州政府、インド国内のグローバル企業群を中心に、IT人材の人材派遣業のほか、システム開発業を展開しております。 近年は日本へのインド人材紹介事業にフォーカスしており、日本語や日本の商習慣を教えるアカデミーを設立したほか、日本企業向けの人材サーチポータルサイトの運営も行っております。

今回の提携により、システム開発事業の強化とインド人材紹介事業等の協業を進め、企業のデジタル化推進のためのソリューションを強化してまいります。

【AKAL概要】

社名:AKAL Information Systems Ltd.
代表者:Sarabjit Singh
設立:2000年
事業内容:IT人材派遣、各種システム開発事業(受託開発)、インド人向け日本文化・日本語教育アカデミーの運営

https://www.akalinfosys.com/

本件に関するお問い合わせ: 
西川コミュニケーションズ株式会社 
info-all@nishikawa.jp